×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レースに参加するために

2014/08/05 12:00:05 | レースに参加するために

モータースポーツライセンスはいきなり国際A級ライセンスを取得するというようなものではなく、だれもが最初は国内B級から始め、時間をかけて上のクラスを目指していくものです。

 

しかし、ライセンスを格上げするにはある一定条件がそれぞれのランクに存在し、いくらドライビングテクニックに自信があったとしてもその条件をクリアできなければ上のクラスのライセンスを取得することができません。

 

たとえば、講習会に参加すればたいがいの方が取得できる国内B級ライセンスから、サーキットでの競技に参加することができる国内A級ライセンスに格上げしたい方は、必ず1度はJAFが主催する競技かJAF認定の競技に参加しなければいけません。

 

その後、国内A級ライセンス購入会に参加し、筆記試験、実技試験をパスしなければ国内A級ライセンスを手にすることができません。

 

とりあえず、国内A級ライセンスを持っていれば、国内級のモータースポーツのほとんどの参戦することができますが、これよりももっと上、国際級のモータースポーツに参戦するためには国際C級ライセンスを取らなければなりません。

 

しかし、ここからが難関、国際ライセンスからは講習会などはなく、すべてモータースポーツへの参戦経験、完走履歴、とその成績によって判断されることになるのです。

 

いくら頭が良くてもテクニックあったとしてもレースでの駆け引きや知識がなければこれ以上のライセンスがとることができないということなのです。

 

レースに参加するにしても、練習走行をするにしてもモータースポーツはお金がかかるものですので、国際ライセンスを目指している方は金銭的にもそれなりの覚悟が必要になるということになります。

2014/07/30 11:59:30 | レースに参加するために

モータースポーツ用のドライバーズライセンスというものは、段階的にいろいろな種類に分かれており、そのライセンスの種類によって参加することができるモータースポーツに制限があります。

 

まず、講習会を受講し手初めて手に入れた国内B級ライセンスですが、これは基本的にはサーキットで行われる華々しいレース競技には参戦できません。

 

参戦できるのは具体的にいうと国内ラリーや国内ジムカーナ、国内ダートトライアル競技などだけでサーキットを使った競技には参加できません。

 

もちろんフリー走行でサーキットを走ることはできますが、ほかの車と競り合うレースには参加できません。

 

次に国内A級ですが、こちらはサーキットでのレースにも参加できますし、ラリー、ジムカーナなどにも参加することができます。

 

ただ、国内でのモータースポーツに限られ、更に国内で行われる競技であっても国際級のものには参加することができません。

 

その次にあるのが国際C級ですが、この国際C級から国際A級までは、競技の規模によって参戦できるものと参戦できないものがある程度でそれ以外の制限はありません。

 

そしてドライバーズライセンスの一番上のものとなるスーパーライセンスは、F1に参戦するものであって、日本でも限られた人間しか持っていないもので、一般の方がとるというものではありません。

 

本格的にモータースポーツを行いたいのであればせめて国際C級ライセンスが必要となります。

 

車査定シュミレーション